2017年8月5日~8月15日に現地調査を実施

 2017年度の調査団は、桑原久男(天理大学)、長谷川修一(立教大学)をはじめとする研究者を中心に17名で構成され、科研費と三島海雲記念財団からの助成を受けて2017年8月5日~8月15日に現地調査を実施した。約15名の学生・社会人ボランティアが日本および現地から参加したのに加え、さらにスイスのローザンヌ大学とルガノ神学校からの研究者・学生約15名も参加した。2016年度に発掘したシナゴーグの東半分を発掘し、シナゴーグの全容を明らかにした。

 

投稿者: israelken